- カタチグラフィックスのBlog – Katachigfxの日記と制作メモ

「2008 1月」のかたログ

01.29

WordPressの記事投稿、ページ欄で、<?php bloginfo(’url’); ?>などのPHP構文が使えるプラグインが「Exec-PHP」

インストール方法

プラグイン「Exec-PHP」をダウンロードする。

解凍したフォルダ「exec-php」を「wordpress/wp-content/plugins」の中にインストールし、「管理画面→プラグイン」の「Exec-PHP」を有効化。

※注意点
このプラグインは、ビジュアルエディタを解除しないと利用できないので、「ユーザー→プロフィール」で、「投稿時にビジュアルエディタを使用する」のチェックをはずす。

01.24

WordPressのPageに対する条件分岐が、非常に弱い。

例えば、特定の親Pageにぶら下がる子Pageに対して条件をかけたい。

Pageに対する条件分岐テンプレートタグは <?php if (is_page( PageのID/タイトル/スラッグ )):?> 〜 <?php endif; ?>
しかなく、Page全てか、特定のPageにしか条件をかけられない。

そこで、下記の2つのファイルを修正することで「特定の親Pageにぶら下がる子Pageに対して条件をかける事が出来る」

wordpress/wp-includes/post-template.php
このphpに下記のソースを追加する

function thePostParent(){
    global $post;
    return $post->post_parent;
}

※thePostParent()は、そのPageの親PageのIDを持っている

● wordpress/wp-content/themes/*****/page.php
このphpは、Page表示用のphpで、下記のようにソースを追加する

<?php if (thePostParent() == 1){?>
        <p>PageIDが1のPageにぶら下がる子Pageにこの一文がひょうじされる(サンプル)</p>
    <?php
    }else if (thePostParent() == 23){?>
        <p>PageIDが23のPageにぶら下がる子Pageにこの一文がひょうじされる(サンプル)</p>
    <?php
    }
?>

01.22

WordPress – 全てを検索対象にする

Published 1月 22nd, 2008 Posted in WordPress No Comments »  

WordPressの検索は投稿記事のみが検索対象になっている。
そこで、この「Search Everything WordPress Plugin」を使う事で、pageやcommentなど全てを検索対象にすることができる優れもの!

pageのID指定で、検索対象からはずすことも可能になった。

インストール方法

上記サイトからプラグインをダウンロード、解凍する。
次に、解凍されたフォルダを「wordpress/wp-content/plugins」の中にインストールし、「管理画面→プラグイン」の「Search Everything」を有効化。

01.01

新年あけましておめでとうございます。

昨年お世話になった皆様、今年もよろしくお願いいたします。

今年は自分にとって勝負の年。

楽しんでやっていきたいと思います。

それじゃ〜2008年、スタートだ!!!!!!!